薄毛や抜け毛の原因の1つとして挙げられるのが喫煙です。
どうして喫煙をするのがいけないの?と思ってしまいますが、まず1つ目に血管を狭くして血行不良の状態にすることがあります。

血液の流れが良いと髪の毛が生えるのに必要な栄養がめぐりやすくなりますし、血液が運ぶ温度で頭皮が温まることも大事な要素なのです。
一般的な育毛の方法として、血行促進することが大事だと言われるのはこのようなり油があるからです。
これが内側から受ける喫煙の利用だと考えられています。

外側からは喫煙の時に頭皮の毛穴にもニコチンやタールが刺激を与えます。刺激を受けると毛穴や頭皮を守るために、皮脂を分泌し始めますので、シャンプーをしていてもギトギトの状態になります。
育毛成分は浸透しにくいとか、頭皮が嫌な臭いを出し始めるなどの問題がでるでしょう。
喫煙による薄毛や抜け毛の影響は、ここで取り上げたほかにもありますので、本気の育毛をするなら禁煙も考えてみましょう。